【高知情報ネット局】高知の情報を高知県民(高知市在住)がお届け!
【高知情報ネット局】高知の情報を高知県民(高知市在住)がお届け! > ネットで拾った話 > 新型コロナウイルス感染拡大防止(7月25日・高知県民の一考察)

新型コロナウイルス感染拡大防止(7月25日・高知県民の一考察)

新型コロナウィルス「COVID-19」の感染拡大が問題

2020年7月25日現在、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックが懸念されて久しいです。地球規模に拡散する衝撃的な出来事とも考えられています。現在の死者数は全世界で、63.8万人。このページでは、辛坊治郎さん(元読売テレビアナウンサー)や宮沢孝幸准教授(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)などのご見解を示しつつ高知県の感染者数の状況にも言及しています。
 
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

 

日本国内でも992人にも及んでいます。
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

出典:wikipedia.org

 
既に、60万人以上の尊い命が失われました。世界経済は1930年代以降最悪の恐慌状態に直面することがとても心配です。日本政府の取り組みについては、mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.htmlをご参照下さい。

高知県の新型コロナウィルス感染状況について

地域によって、新型コロナウィルス感染状況は異なっています。東京が最大として、地方都市に繋がっています。高知県におきましては、7月24日、中央西福祉保健所管内に住む80代の女性が新型コロナウイルスに感染したことが、発表されました(軽症で高知医療センターに入院中)。これで高知県の感染者数は78名となっています。(うち、現在の入院者数は3名)
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

出典:高知新聞

 
そして、四国全域で見れば、217名の感染者数が出ています。
 
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

 

宮沢孝幸(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 准教授)のご見識

ここで、私なりに、専門家やメディアのご見解を紹介致します。まず、宮沢孝幸さん。
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

 
京都大学の准教授というウィルス研究者のご見識は、様々な批判もありますが、専門家としてのご矜恃をもってしてのご意見ですので、傾聴するに値すると存じます。
マスメディアでもご意見を開帳されています。その要旨を列挙します。

「マスクをしていなくても黙っていれば問題ない」
「ソーシャルディスタンスをとることができない業種に関してはマスクとか手洗いをしましょうねという話」
「マスクをしていなくても黙っていれば問題ないです」
「マスクをしていれば大丈夫です。マスクをしていなかったら黙っていれば大丈夫です」

宮沢准教授は、空気感染することはまれにはあるが本当にまれ。
「レジでは間をあけて並ぶ、劇場で席をひとつあける、満員電車を避ける、すれ違うときに距離をとるということも必要ない」と、ご意見を披露されています。
 
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

宮沢孝幸准教授
出典:京都新聞

劇場や映画館の客数減らす感染予防指針見直し




また、劇場や映画館の客数減らす感染予防指針見直しにも言及されています。「マスク、黙る、手を消毒で十分」というご見解です。

宮沢准教授は、国などが示している2メートル程度のソーシャルディスタンス(社会的距離)は、マスクに抵抗感が強い欧米を基準にしたものと説明。感染予防は「マスクする、黙る、手を消毒するので十分」とし、文化芸術活動の維持には「ソーシャルディスタンスの項目を消さないとだめ」と訴えた。

 新型コロナ対策は「ウイルスをゼロにするというゼロ信仰にとらわれてはいけない」と強調。今後の文化芸術支援について「お金の補助に加え、平常に戻そうという空気を作らないといけない」と語った

出典:京都新聞 より

 
そして、【自粛しない感染予防】を述べられているのは、みなさま、ご承知おきの通りです。

 

辛坊治郎(しんぼうじろう:元読売テレビアナウンサー)のご見識

辛坊治郎さんと言えば、元読売テレビアナウンサーであり、ニュースキャスターとして、また、著作活動も盛んにされている方で、他のメディアの方々とは、一線を画し、ご自分のご意見を述べられることで知られている存在です。コロナウィルス関連でもご自身のTwitterからご紹介します。
 

7月4日「重症者、死亡者数の推移を問題とすべき」

7月4日に、「重症者、死亡者数の推移を問題とすべき」との発言がありました。


 

7月13日:デマで人心を惑わせないで研究して欲しい

 

メディアが報じない新型コロナの不都合な真実

メディアが報じない新型コロナの不都合な真実として、死亡者数の少なさを取り上げています。

 
【アメリカの死者推移】

 
【スウェーデンの死者推移】

【オーストラリアの不都合な真実】

 

新型コロナウィルスの名前の由来

このページの最後になりますが、新型コロナウィルスの名前を由来を記して、終わります。
辛坊治郎さんや、宮沢孝幸准教授のご提言・ご考察を、どう理解していくかは、各人各様であります。ではありますが、一つのデータとして、国民の一人一人が受け止めて、日々の感染拡大防止に役立てたいものです。
 
2020年2月11日、WHOは新型コロナウイルス感染症の正式名称を「COVID-19」と発表しています。コロナウイルス感染症と感染者が報告されたのが2019年だったから、2019から「19」が使われています。
 

また、COVID-19の「CO」は「corona」、「VI」は「virus」、「D」は「disease」の意味から命名されたようです。
 
新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

 

その一方で、国際ウイルス分類委員会(ICTV)は、2月7日にSARS(重症急性呼吸器症候群)を引き起こすウイルス(SARS-CoV)の姉妹種であるとして「SARS-CoV-2」と名付けています。

新型コロナウイルス COVID-19 SARS-CoV-2

出典:フナコシ

 
新型コロナウィルスに対応する、ウィルスワクチンの一日も早い開発が望まれています。また、一日でも早く収束・終息することを願ってやみません。最後までご拝読を下さいまして、ありがとうございました。 
 

このページは、新型コロナウィルスを心配しすぎるのは如何なものか?ということに繋がるかも知れません。もちろん、恐ろしい症状を惹起するもの、終末論をもたらす悪魔としての考え方もございます。ではありますが・・・他者(第三者)との交流無くして社会活動は成り立たず、テレワークだけを前面に押し出すのも違うと考えて編集しています。ご考慮願います


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial