高知(高知県・高知市)から情報発信!
高知(高知県・高知市)から情報発信! > PCネタ > DynaBook(B350/22A)のリカバリー | 高知市での出来事

DynaBook(B350/22A)のリカバリー | 高知市での出来事

DynaBook B350/22A リカバリー
 

DynaBook B350/22A をリカバリーしました

先日(2020年2月)、知人のノートパソコンを預かってリカバリーしました。
約10年前に購入した製品です。リカバリー作業の実際は簡単なものでしたが、Windows起動後のUpdateに手間取りました。
 
このノートパソコンの型番は、PB35022ASTB。
Model name「Satellite Pro L650 Series」
 
何せ、リカバリー完了時、Windows7なのですが、サービスパック(SP1)が未インストールだったため、SP1を入れることから始めないといけなかったからです。WindowsUpdateが完了するまで、とても時間がかかりました。
DynaBook B350/22A リカバリー
ノートパソコンの裏面。HDDをSSDに換装します
 

上の画像の右側部分にあるのがSSD(SanDiskの製品)
下の画像では、メモリが見えています。
このDynaBook B350/22A は、とても簡単にネジを外すだけでHDDを取り外すことができました。交換作業自体は、とてもイージーでした。
DynaBook B350/22A リカバリー
 

HDDをSSDに換装しました

ノートパソコンが、遅いと感じる事は、今までは、よくある事でした。
それは、CPUの性能と言うよりも、ストレージ(HDD)の転送速度が問題だったと考えられます。内蔵ストレージをHDDからSSDに変更することによって、かなりな処理速度向上が期待されるのです。
DynaBook B350/22A リカバリー

画像の下側にあるのが、元HDD。seagateの製品であることが分かります。

リカバリーの実際(東芝 ダイナブック)

リカバリーする方法については、ノートパソコンに同梱されていた取扱説明書に詳しく載っています。
メーカーサイト(http://gizport.jp/manuals/1879898)には、
dynabook B350/22A の取扱説明書・マニュアルとしてありまして、
DynaBook B350/22A リカバリー

この取扱説明書・マニュアル「第4章 買った時の状態に戻すには-リカバリー-」に載っています。その手順通りに行いました。

  1. 電源を入れ起動時に[F8]キーを押す
  2. 「コンピューターの修復」を選択し[Enter]キー
  3. 「Toshiba Recovery Tools」をクリック
  4. 「Toshiba Recovery Wizard」をクリック

そうするとリカバリーが始まります。
DynaBook B350/22A
 
DynaBook B350/22A リカバリー
 
DynaBook B350/22A リカバリー
 

再起動後にWindows7の各種設定を行います

DynaBook B350/22A リカバリー
 

DynaBook B350/22A リカバリー
 

リカバリー前後の性能を比較!

この下に載せた画像をご覧ください。
新SSDと換装前(旧)HDDの稼動状態と、転送速度を調べています。
HDDやSSDの健康状態は、CrystalDiskInfoというアプリで見ています。
 
転送速度は定番アプリ(CrystalDiskMark)で調べました。新SSDと旧HDDの比較です。
DynaBook B350/22A リカバリー

新SSD(SanDiskの製品)の転送速度です

DynaBook B350/22A リカバリー

換装前・HDD(seagateの製品)の転送速度です

SSDに換装し、単純比較で 62 MB/s ⇒ 234 MB/sと約4倍の性能アップとなりました。Windows起動時間が2分超⇒約半分(1分)と、とても速くなったんです!

新旧ディスク転送速度を比較するに辺り、
公平を期するため、SSD(SanDisk)にリカバリー終了後に、
HDD(seagate)へ ディスクコピーし計測した事を申し添えます

リカバリーする前は、Windowsが不調を来しておりました。使用出来ないぐらいに遅かったのですが、リカバリー後、大きく改善されましたので、知人にはとても喜んで貰いました。
 
メモリ不良や電源の不具合が起こらない限り、しばらくは使い続けることが出来るでしょう。
 

リカバリー後、Windows Updateに手間がかかりましたが、
それは別途投稿致します。
(加えて、パソコンに同梱されていたマイクロソフトのOffice2010のプログラムアップデートも時間を要したことを追加します)

 
最後までご拝読を頂きありがとうございました。