【高知情報ネット局】高知の情報を高知県民(高知市在住)がお届け!
【高知情報ネット局】高知の情報を高知県民(高知市在住)がお届け! > 高知・観光地情報 > 【海洋生物の危機】高知の大月町・柏島、仁淀川や種崎海岸での漂着ごみが酷すぎる!

【海洋生物の危機】高知の大月町・柏島、仁淀川や種崎海岸での漂着ごみが酷すぎる!

高知 海洋ゴミ 海洋生物

プラスチックは、私たちの日常生活で様々な製品に使われています。レジ袋やペットボトル、商品のパッケージなどの、プラスチックごみが、ポイ捨てされたり、放置され、雨や風の影響で河川に入ります。最終的には、海に流出し沖へと出て行きます。

 
海のプラスチックごみは、ほとんどが陸から流出されたプラスチックごみなんです。

 

高知の大月町・柏島、仁淀川や種崎海岸でのごみをご覧ください

大月町・柏島で島民総出の浜掃除

大月町の柏島では、年に一回、夏のレジャーシーズンを前に、島民総出の浜掃除が行われています。
その時の漂着ごみを見て下さい。凄いです!
高知 海洋ゴミ 海洋生物

 
こんなに大量のごみが、高知県の西の端である、大月町・柏島に打ち寄せられています。
高知 海洋ゴミ 海洋生物

 

仁淀川一斉清掃

まずは、仁淀川一斉清掃(2011年)の風景をご覧ください。
高知 海洋ゴミ 海洋生物

ボランティア活動の皆さんのご尽力には頭が下がります。
 
高知 海洋ゴミ 海洋生物

 
こんなにごみが、集まりました。仁淀川が綺麗になりました。
高知 海洋ゴミ 海洋生物

 

高知市 種崎・海岸清掃

こちらは、高知市の種崎海岸。掃除の模様をご覧ください。
高知 海洋ゴミ 海洋生物

こんなに大量のごみが海岸に打ち寄せられ、漂着しています。
高知 海洋ゴミ 海洋生物

高知県の西の端である大月町・柏島。また、高知市の西側である仁淀川や、高知市種崎海岸に漂着しているのです。
 
海岸や川にあるごみ。そのごみ以上に、海岸や河口から、沖へ沖へと流されていくのではないでしょうか。
 

ごみが、川から海へ、そして沖へ流されていく様子!

プラスチックごみは、陸から流れて海へと流出していきます。
海に流れ出たプラスチックのごみ。それは、潮流や風によって遠くまで運ばれます。水面や水中を浮遊しながら遠くの沖まで運ばれ、海底に沈みます。

 
日本は四方を海に囲まれています。海に流れ出たごみは、私たちの生活の結果なのです。回収できない漂着ごみの様子は、上記の画像を見ていただければお分かりいただけます。その量は、凄まじく大量です。
 

 
環境省の調査では、日本全国で回収した漂着ごみは、約3万トン(2016年度の環境省調査)です。その3万トンの中でも、プラスチックごみが最多品目と言う事です。外国からも漂着するでしょうが、日本の海岸で回収される多くは、日本国内から出たごみです。
 

私たち自身が捨てたプラスチックごみが、海洋生物に大きな悪影響を与えています。

海に浮かぶゴミを発見した「漁師」が海に飛び込んだ!そのゴミの正体に驚愕!

もちろん、海洋生物に危険が及んでいるのは、世界各地で報告されています。
2019年3月に、フィリピンの海岸に、クジラが打ち上げられました。そのクジラの胃袋からは、40kgのビニール袋が発見されました。

 
なんと、痛ましい事でしょうか。人間が出した廃棄物が海に漂流し、その結果、クジラの胃袋から出てきたとは、残念な気持ちで一杯になります。

 
次に、ご紹介したい事例があります。南アジアのパキスタン・カラチ沖で、漁師さんが、海に浮かぶゴミを見て、飛び込んだのでした。何故?そのゴミの正体に驚きました!

 

そのパキスタンで漁師さんが、飛び込んで救出しようとしたのが、この海洋生物でした!

出典:Youtube

 
そうでした。海カメを助けようとして、漁師さんが海の中へ果敢に飛び込んだんです。
その一部始終がこの動画になります!

 
もう一つ、海洋生物の危機を見ることが出来る動画をご紹介します。
人間が捨てたゴミで、沢山の海洋生物が命を失っています。人間が捨てたゴミがどのように動物たちを傷つけるのか、この動画をご覧になるとご理解いただけます。

 

まだまだ海の廃棄物によって、苦しんでいる生物がいるんです

プラスチックの袋に閉じ込められたコウノトリ

高知 海洋ゴミ 海洋生物

出典:TOCANA

 

アホウドリの死骸(ミッドウェー諸島で発見された)

高知 海洋ゴミ 海洋生物

出典:TOCANA

 

プラスチックごみ⇒奇形化した亀

高知 海洋ゴミ 海洋生物

出典:TOCANA

 

高知 海洋ゴミ 海洋生物

出典:TOCANA

 
 
海洋生物が危機に瀕しています。それは、人間が廃棄したプラスチックゴミなどが、引き起こしている現実です。高知県の河川、海岸の漂着ごみをご覧頂きながら、地球の大きな環境問題として、考えていかなければならないことを申し上げました。
 
人間だけが地球を汚しているなどと、そんな投げやりなことをいうつもりは、ありません。
ですが、人間は様々な生物と共存していかなければならないです。多様性と、共存。その問題を考え続けることが必要だと、高知県在住の高知市民としても強く感じているのが現状です。
 
最期までご拝読を下さり、ありがとうございました。